シュペート・ブルグンダー

ドイツで最も多く栽培されている赤ワイン用品種がシュペートブルグンダーです。

シュペートは「遅い」、ブルグンダーは「ブルゴーニュもの」の意味で、遅く熟すブルゴーニュものというドイツ名のこのワインは、フランスのピノ・ノワールです。

非常に飲みやすいワインなので暑い日に最適です。

是非お試し下さい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。