チェラスオーロ

image

写真左がチェラスオーロワイン

語源はチェラーザ(サクランボ)。チェラスオーロとは、厳密にはロゼ(ロザート)でもなく、赤ワインでもない、特別なワインにのみ使われる呼称です。

アブルッツォで第一級の生産者は、この生産が難しいチェラスオーロを作り、誇らしげに試飲させてくれたりします。並の域を超えたロゼ、サクランボの風味や香りに溢れ、赤ワインでも白ワインでも表現できない、独自の味わい・魅力を持つワインにだけ、この呼称がつかわれます。

ロゼというと、軽めで水っぽいものを想像する人も多いと思いますが、このチェラスオーロは全く別のタイプのワインで、評論家からも「探し求める価値がある」ワインとして高い評価を得ています。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。