ピノ・ノワールとは

Pinot Noirはフランス語,pine「松ぼっくり」noir「黒」からその名前になったと言う説があります。

ピノ・ノワールはフランス・ブルゴーニュを起源とする古くからある黒ブドウ品種で、ピノ・グリ、シャルドネ、アリゴテ、ガメイなどのブルゴーニュ系品種の祖先にあたります。

ブルゴーニュをはじめ世界の国々で、赤ワイン用品種としてでなくシャンパーニュやスパークリングワイン用の品種としても、味わいにボディを加える重要な役割を担っています。

栽培する土地を選び、手間が掛かる品種の為、造り手やテロワール(土壌や気候などを含む、ブドウの樹の栽培環境)がワインの香りと味わいに大きく左右されます。

その為、最高の土地で最高の造り手によって生み出されたピノ・ノワールは圧倒的な芳香を放ち、美しいまでの官能的な味わいがあり、熟成によってその魅力は倍増され、人々の理性を奪う程の魔力を持ち合わせます。
この品種は冷涼な気候を好み、そして、果皮が他の品種に比べ薄くてとてもデリケートなので病気にも掛かりやすく、栽培にとても手間と時間が掛かります。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。