世界三大品種 ブラックアンガス牛

世界三大品種

  • イギリス、スコットランド原産 アバディーンアンガス
  • アメリカで多く飼われている ヘレフォード
  • イギリス、スコットランド原産 ショートホーン

その中で今流行りの赤身肉アンガス牛。

もともとはスコットランド東部のアバディーンシャイア、アンガスの両州が原産地の牛種。それがアメリカやオーストラリアに広がって行きました。

身体は黒単色、無角が特徴で肉質がとても柔らかく、赤身と脂身のバランスがよく、日本人好みのお肉と言われています。

そんなお肉を赤ワインでじっくり煮込みさらに柔らかにしました。牛肉の味わいもしっかりしており大変美味しい出来です。

アンガス牛の赤ワイン煮 980円

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。