今週のお肉ランチは牛すじのハヤシライス

今や洋食に人気メニュー!お肉がとろとろで玉葱の甘みが旨みを引き立てるそんなハヤシライスにはいろいろな説があるんです。

ハッシュドビーフ・ウィズ・ライスが「ハッシ・ライス」あるいは「ハイシ・ライス」となり、それが訛って「ハヤシライス」となったとする説。

「こまかく切る」という意味を持つ「はやす」を取り上げ、英語のハッシュド がハッシ・ハイシなどと訛った上で、「はやす」との意味の類推から「はやし肉」などといった語が生まれたことによって、ハヤシライスになった説。

丸善創業者の早矢仕有的(はやし ゆうてき)が作った牛肉と野菜のごった煮に由来するとする説。

洋食屋の店長の林がビーフシチュー(ハッシュドビーフ)とご飯を混ぜた賄い料理が起源とする説。

早い説明治の日清戦争後に開けた大陸航路の港、門司港の栄町商店街にある大衆レストランが、船に乗る急ぎの客用にケチャップベースの「早いライス」、すなわちハヤシライスとして呼ばれたからという説。

果たしてどれが本当なんでしょう?

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。